Mac OS X で .DS_Store ファイルを作らせない方法

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

問題

Mac OS X を使っていると、Finder が作る .DS_Store ファイルが Windows ユーザーとのやりとりを行う際、非常に邪魔になります。

.DS_Store ファイルは、Finder の表示設定(アイコンサイズや位置)などをフォルダ毎に記憶するために必要なシステムが利用するファイルです。

Finder 上では非表示なので、ふと気づくと大量の .DS_Store がコピーされていたりするんですね。
共有 NAS にアクセスした時や、ちょっと USB メモリにファイルをコピーして・・などで煩わしいったらありません。

自分は「Total Finder」という Finder をタブ化するソフトを利用していて、設定で .DS_Store ファイルのような非表示ファイルも表示・削除することができるのですが、なんにせよ面倒です。

※「開く/保存」ダイアログを利用しているときだけ、「command + shift + .」で表示・非表示を切り替える事ができます

.DS_Store ファイルを作らせないようにするには

.DS_Store ファイルを作らせないようにするにはいろいろ方法があるのですが、
1つは「Asepsis」と言うアプリを使うこと、
もう1つはコマンドを実行することです。

前者はインストールするだけなので説明は省きます。初心者向きです。

コマンドを利用する方法は、「Spotlight」などから「ターミナル」アプリを起動し、次のコマンドを実行するだけです(再起動が必要です)。

[code lang=’shell’] defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true
[/code]

defaults と言う OS X の動作の設定値を変更するコマンドで変更を行っています。

元に状態戻すには

Asepsis を利用した方は、アンインストールしてください。

コマンドで設定した方は、次のコマンドを実行、再起動してください。
[code lang=’shell’] defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores false
[/code]

まとめ

特に Windows ユーザーと共有 NAS がある環境では効果を発揮するのではないかと思います。

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓