お買い物♪ トランセンドの microSDHC 32GB Class 10, UHS-1、iBUFFALO の極小 USB アダプタで MacBook Air の容量アップ

お買い物♪
トランセンド 32GB microSDHC のメモリと、iBUFFALO の極小 USB アダプタです。

メモリと USB アダプタ

メモリと USB アダプタ

目的

私は MacBook Air 13 Mid 2012 を使っているのですが、手軽に容量を増やしておきたいと思ったところ、常に同期を取っている SugarSync や SkyDrive 以外のローカルストレージが欲しいことに気づきました(笑

と言う事で、最初は USB コネクタに付けっぱなしにできるメモリを探したのですが、容量以外の速度などのスペックの情報が少なく、買うに至りませんでした。

USB アダプタ

しかし、microUSB のアダプタなら付けっぱなしにもできる極小サイズのものがあったことを思いだし、iBUFFALO の BSCRMSDCBK を選びました。

スペック上は 16GB までとなっていますが、問題無く 32GB を認識・利用できています。

メモリ

メモリはトランセンドの TS32GUSDCU1 を選びました。
Class 10, UHS-1 に対応しているので速度は出るであろうと言う感じですが、規格に対応していても実は遅いメモリというのはごまんとあります。

ところが、価格.com の情報を見てみると、最大読込速度 90MB/s、最大書込速度 25MB/s と一昔前の倍以上のスペックです。

更に上のスペックの製品もあったのですが、値段も3倍なので今回はこれを選択。

まとめ

次の組み合わせ写真を見るとわかりますが、7mm 程度の出っ張りです。
これをよしとするかどうかは人によると思いますが、自分の環境ではこれで OK です。

Air からの出っ張り具合

Air からの出っ張り具合

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です