iPad mini を MacBook Air の外部ディスプレイとして使うためのソフトを比較してみる

iPad mini を MacBook Air の外部ディスプレイとして使いたいので、いくつかソフトを比較・検討してみました。

自分の MacBook Air は Mac OS X Mountaion Lion なので、これに対応していること、
iPad mini に対応していることが前提です。

↓最終的に目指してできたのがこの状態

MacBook Air 13 と iPad mini

MacBook Air 13 と iPad mini

検討対象

検討対象にしたのは次の4つです。

  1. Air Display
  2. iDisplay
  3. DisplayPad
  4. Splashtop XDisplay

ネットで評価が良さそうなソフトを選んでみました。

山本にとって重要な特徴

各アプリの提供元サイトの内容を見てみるなどしてみた上で気になった特徴を挙げてみました。
全てのアプリが Wi-Fi 接続が必要条件ですね。

  1. 最も多くの情報が得られたソフト。多言語対応、Android・Windows 対応など、非常に機能が豊富。
  2. サイトもアプリも機能が絞られていて、わかりやすいソフトに見える。Windows 8 にも対応しているって。
  3. Mountaion Lion ダメっていきなり書かれていた・・
  4. Windows – Mac 間の画面共有などでも有名な会社製。描画速度が速いのが特徴。

価格

  1. ¥850
  2. ¥450
  3. ¥250
  4. ¥450

まとめ

使えるのであれば iDisplay だったのですが、インストール時に問題が・・
Mountaion Lion へ Mac OS X 用のアプリがどうしてもセットアップできない(泣
※OS X 10.8 に対応したバージョン(2.2.6)ではインストールできました

そのため、残ったのは Air Display と Splashtop XDisplay でした。

どちらもアプリのインストールはできたのですが、Splashtop XDisplay では無料版が提供されていて問題無く繋がったので、Air Display はインストールせず終了・・

もし別途購入することでもあれば、体感パフォーマンス等の比較もできればなぁって感じです。

※2012/11/11 追記
有料版にアップデートしたら、Mac も iPad mini も両方再起動させないと認識されなかった。
無料版はそんな必要なかったのに・・?

※2012/11/11 追記
結構 Wi-Fi が切れるのか、切断されることが多くて地味にストレスを感じる・・

※2012/11/13 追記
Air Display も購入して使ってみる。
ルーター再起動なども行ったため、Wi-Fi 接続の不安定さが本当の問題だったかはわからないが、
とりあえず安定して運用できているのでメインユースとして Air Display を採用。

※2013/01/09 追記
iDisplay を再度試してみた。
Mac 用のバージョン 2.2.6 では問題無く動作した。
iDisplay 側から接続を開始できる機能、複数のデバイス(iPhone, iPhone mini)を同時に接続できるなどが便利ですね。

Wi-Fi 環境がない場合どうする?

Mac であれば、メニューバーの Wi-Fi を選択、「ネットワークの作成」メニューを選んでネットワークを作成すれば iPad などを直接 Mac へ接続させることができます。

iOS 側は「設定|一般|ネットワーク|Wi-Fi」メニューで、作成したメニューを選択すれば OK。

ただし、セキュリティはかけておきましょうね(キャプチャでは 128ビットWEP)。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

iPad mini を MacBook Air の外部ディスプレイとして使うためのソフトを比較してみる” に対して2件のコメントがあります。

  1. 初めまして、突然のコメントで失礼致します。
    SHAPE GmbH 日本向け広報担当、鳥谷と申します。

    弊社アプリケーション”iDisplay”に関しまして、「インストール時に問題が生じて、セットアップが出来なかった」との記載がありますが、もし差し支えなければ、詳細をご連絡頂けますと幸いです。担当の開発者に伝え、問題解決の方法がないか検討するとともに、今後のアプリ改善にも役立てればと思います。
    ご多忙のところ恐れ入りますが、お返事をお待ち申し上げております。

    SHAPE GmbH 鳥谷

  2. Kryu^2 より:

    >Toritani さん
    コメントありがとうございます。

    本件の検証が遅くなってしまい、失礼いたしました。
    当時の状況は記憶での回答になるのですが、Mountain Lion(10.8) への対応が明記されておらず、Mac OS X 対応版というのをインストールしてみたところ最後にスクリプトエラーを起こした、だったかと思います。

    記事にも追記しましたが、バージョン 2.2.6 は問題無くインストール・実行ができました。

    安定して動いているようなので、引き続き使わせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です