Embarcadero Delphi XE2 で iOS 用の FireMonkey アプリケーションを作ってみた

Embarcadero Delphi XE2 で iOS 用の FireMonkey アプリケーションを作ってみました。

環境

MacBook Air 2011 Mid モデル(OS X Lion)
Xcode 4.1
VMWare Fusion 3 上の Windows 7 で RAD Studio XE2 が動作

Mac 側の環境構築

Mac 側でコンパイルするためには、Xcode 以外に次の環境設定が必須です。

  • プラットフォーム アシスタントのインストール
  • iOS 用 FireMonkey ライブラリのインストール
  • Free Pascal Compiler のインストール

プラットフォーム アシスタントのインストールは、ここを参考にしてください。

残り二つは、RAD Studio のインストールフォルダ下の FireMonkey-iOS フォルダにある「FireMonkey-iOS.dmg」を Mac 側にコピーしてマウントし、含まれる2つのパッケージを利用して行います。
※fpc-2.4.4.intel-macosx.pkg、FireMonkey-iOS-XE2.pkg

開発の手順

  1. とりあえずデザイン
    Edit,Button,Label を1つずつ配置。
  2. Button の OnClick() イベントにコードを入力
    [code lang=’delphi’] begin
    Label1.Text := Edit1.Text;
    end
    [/code]
  3. Xcode へソースをエクスポートする

    ※Xcode へのソース書きだしメニューを追加するには、「ツール|ツールの構成」メニューを選択し、次の設定を行います。

  4. スナップショット取るようにするか聞かれるので、Enable にしておく
  5. Caution が1つ表示されるので、選択します
  6. 内容はコンパイラの設定を更新しろなので「Perform Change」をクリック
  7. 実行したところ

Windows 上でデザインしたものが確かに iPhone シミュレータで動作している。
感動\(^_^)/

注意点

■Mac にコピーすべきファイルについて
Xcode でコンパイルするためには、Project で作ったフォルダすべてが必要です。
xcode フォルダだけコピーしてもダメです。

pas ファイルとかが必要なんですね。
最初はまりました。

■こんなエラーが出たときは・・
[code lang=’shell’] Shell Script Invocation Error
Command /bin/sh failed with exit code 1

Warning: Only one source file supported, changing source file to compile from “/Users/アカウント/Documents/RAD” into “Studio/Projects/Teste2/xcode/../Project1.pas”
[/code]

「〜¥RAD Studio¥〜」の様に空白文字列が含まれていると、引数と間違えてしまうのが理由です。

保存時に空白文字を含まないパスに保存するようにしましょう。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

Embarcadero Delphi XE2 で iOS 用の FireMonkey アプリケーションを作ってみた” に対して5件のコメントがあります。

  1. カトー より:

    お尋ねします。
    RAD studio XE2(Update2)でFireMonkey-iOS.dmgをMacで開き、中のパッケージをインストールしようとしましたが、このHDDにはインストール出来ませんと出ます。

    なにかご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

  2. W より:

    上記のカトー様あて

    『インストールできません』とでるのは、インストールの順序の問題だと思います。
    FireMonkey-iOS-XE2.pkgよりも先にfpc-2.4.4.intel-macosx.pkgをインストールすれば、先に進めないでしょうか?

  3. Kryu^2 より:

    >カトーさん
    質問ありがとうございます。

    Wさんが答えられていますが、Free Pascal Compiler が無いとコンパイルができないため、「インストールができません」メッセージが表示されるかと思います。

    >Wさん
    レスいただきありがとうございます(^^

  4. Att より:

    カトーさんが質問しています現象と同じで先に進めません。
    fpc-2.6.0.intel-macosx.pkg をインストールしようとしても「HDDにはインストール出来ません」と出てしまいます。
    MAC自体初心者で良く分かりません。
    何かありますでしょうか。

  5. Kryu^2 より:

    >Attさん
    コメントありがとうございます。

    fpc-2.6.0.intel-macosx.pkg がインストールできない件ですが、自分の環境では再現できませんでした。
    インストール用イメージが壊れている、などが最初に思いつく原因ですが・・

コメントを残す