お買い物♪ Cherry Trail x5に4GBのメモリを搭載したWindows 10タブレットのTeclast X98 Proを買ってみた

こんにちは。近道研究家/ITのお医者さんの山本です。
先日勢いで購入したTeclast X98 Proのコスパがかなりすごいので、中華タブレットとしての割り切りを前提に記事としてまとめてみました。

Teclast X98 Proの特徴・スペック

OS:Windows 10 64ビット
CPU:Intel Atom X5-Z8500
メモリ:4GB
ストレージ:eMMC 64GB
ディスプレイ:9.7インチIPS(2,048×1,536)
カメラ:フロント2MP/リア5MP
入出力:φ3.5イヤホン、microUSB2.0、microHDMI、microSD
サイズ: 23.9×16.9×0.8cm、0.526kg

「Teclast X98 Pro」は、9.7インチのタブレットではまだ珍しいIntel Atom X5-Z8500を搭載したWindows 10マシンです。

BayTrail世代で弱かったGPUの強化が行われたCPUを利用していて、Surface 3のX7-Z8700と同じ系列ですね(1つ下のランクですが)。

さらに、昨年は一世代前のAtom Z37xx系のCPUを載せたタブレットが多数発表・発売されたのですが、その多くがメモリ2GBしかありませんでした。

CPUの問題、Windowsが32bit版だったという問題もあったにせよ、仕事で使おうと思うと少し頼りないのも確かでした。

しかし、Teclast X98 Proは違います。4GB積んでいます。

しかもWindows 10は64bit版です。つまり4GBをフルに使うことがOSレベルでできます。
これは大きいですね。

ディスプレイもアスペクト比が3:2のいわゆるRetinaクラスです。
Windowsをタッチで使うにはツライぐらいの高解像度です。

残念なところとしては、USB 2.0であることWi-Fiが5GHz帯(a/ac)をサポートしていない点でしょうか。
個人的にはWi-Fiは技適の問題もあるので気にならないです。

本体サイズがiPad Airに比べて厚みがあるので、ケースを選ぶときは注意が必要です。

写真で見るTeclast X98 Pro

化粧箱はApple製品など流行の紙箱タイプですね。
7,8年前の製品とは見違えるぐらいきれいに作られていると感じます。

Teclast X98 Pro 箱の表面

Teclast X98 Pro 箱の表面

裏面と側面(写真ないですが)にはスペックが書いてあります。

Teclast X98 Pro 箱の裏面説明

Teclast X98 Pro 箱の裏面説明

箱を開いて中を出してみました。
本体の他には、AC-USBアダプター、USBケーブル、microB-A変換ケーブル、保証書などが入っています。
なにげにmicroB-A変換ケーブルは嬉しいですね。

Teclast X98 Pro 同梱品

Teclast X98 Pro 同梱品

インカメラ。
iPadと違って画面に向かって左に寄っています。

Teclast X98 Pro インカメラ

Teclast X98 Pro インカメラ

リアカメラ、電源ボタン、ボリュームボタン。
押しづらいなどもとくにありません。
高級感はないですが、がたつきなどの不安もありません。

Teclast X98 Pro カメラ、電源、ボリューム

Teclast X98 Pro カメラ、電源、ボリューム

MicroSDカードスロットもちゃんとあります。
128GBまで対応しているとのことですが、まだ試していません。
本体が64GBあるので、Officeアプリ使う以外にも、動画などのコンテンツを持ち運ぶなどにも十分に対応できますね。

Teclast X98 Pro MicroSDカードスロット

Teclast X98 Pro MicroSDカードスロット

インターフェースとしては、microHDMI、マイクジャック、microUSBもあります。

microUSBは充電ポートとしても使われます。
OTGケーブル挿してキーボードなどを繋ぐのもアリでしょう。

microHDMIを使ってプロジェクターや大きめの液晶テレビに繋ぐなどもアリですね。

Teclast X98 Pro microHDMI、マイクジャック、microUSB

Teclast X98 Pro microHDMI、マイクジャック、microUSB

まとめ

正直、これだけのスペックで実売で3万半ばというのは驚異的です。
これまで結構な枚数を購入してきましたが、価格性能比で言えばトップクラスですね。

ただし、他の中華タブレット同様部品の品質については注意が必要です。

CPUなど分かりやすい部品は問題ないでしょうが、筐体は日本やApple製品のようなイメージで購入すると、微妙なかみ合わせのズレなどが気になるでしょうし、バッテリーの状態も気になります。
Wi-Fiも技適を取っているものはほぼありませんので、日本では利用できません。

何か問題があったときの保証も期待しづらいですから、若干割高になってでもサポートをきちんとしてくれるリセラーを選ぶようにしましょう。

私自身これまで3回不良に当たっていますし(苦笑)

とは言え、それを差し引いても激安なので、サブ端末と割り切って遊ぶのには最高でしょうかね。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す