お買い物♪ 急速充電ができるのにデータ通信も可能というスマホに最適な USBケーブル エレコム MPA-AMBSW02BK

購入の背景

最近、Android スマートフォンのほぼすべてが急速充電に対応していますね。

ところが、スマホの充電/通信ケーブルを気を付けている方が案外少ないことに気がつきました。

と言うのも、市販の急速充電をうたっているケーブルのほとんどが、iPhone/iPad の急速充電はできても、Android には対応していないのです。

これは、そもそも iPhone 用の急速充電の方式と、Android 用の急速充電の方式が違うからです(正確には充電器内部の回路ですが)。

参考:お買い物♪ 充電時間を短縮できる 4.2A の高出力 USB AC アダプター iBUFFALO BSMPBAC02

つまり、通常のケーブルしか持ち歩かないと、バッテリーの充電時間がとてもかかるので外出時などに困ってしまうのです。

購入したモノ

そこで、急速充電もできるかつデータ通信も可能という iPhone/Android 両刀使いに最適な USBケーブル を探していたところ、エレコム MPA-AMBSW02BK と言うケーブルが一番私の用途にマッチしていました(&見た目も良い)。

と言うことで、そのレビュー的な記事です。

商品のパッケージはプラケースと紙の組み合わせの一般的なものです。
このケーブルの一番の売りである、充電と通信が切り替えられることが一発でわかる良いパッケージですね。
エレコムのUSBケーブル(MPA-AMBSW02BK) 1

ここに書かれている内容がポイント。
USB の2,3番をショートさせることにより、供給側のデータ通信を切り、充電器に見せかけるわけですね。
当然、パソコンなどの供給側の最大供給電力を超える電力供給はできませんし、供給側が不安定になる可能性も残っています。
エレコムのUSBケーブル(MPA-AMBSW02BK) 2

ケーブルの外観はこんな感じ。
20cm なので短いです。でも自分にはちょうど良いです。
エレコムのUSBケーブル(MPA-AMBSW02BK) 3

スイッチ部分はスライド式でコンパクトにまとまっています。
アイコンもわかりやすいですね。
エレコムのUSBケーブル(MPA-AMBSW02BK) 4

まとめ

充電と通信ではケーブルの構造自体は一緒でも、急速充電のためにはスマートフォン側と電力供給側、両方が急速充電のための仕組みが必要です(電気回路としての仕組み)。

これをスイッチによって擬似的ではあっても見せかけることができるので非常に重宝しています。

たかがケーブル、されどケーブルですね。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す