iPhone と Google カレンダー(複数)を同期する Exchange を使わない方法

iPhone と Google カレンダー(複数)を同期する Exchange を使わない方法についてのメモ。

iPhone の標準カレンダーと Google カレンダーを同期する方法で一番良く知られているのが、Exchange を利用した方法だと思います。
※連絡先は同期できないので、自分は Exchange を別に設定して併用しています

しかし、iOS 4 以降で増えた Gmail 設定の方が簡単なので、そのメモ。

最終的に

こんな風に、複数のカレンダーを表示することができます。

BOYD でビジネスにも利用していると、自分のカレンダー以外が見えないと何の為のスマホかわからないですからね。

カレンダーアプリの表示

カレンダーアプリの表示

iPhone のアカウント設定

  1. 「設定|メール/連絡先/カレンダー」メニューから「Gmail」アカウントを選択
    Gmail を選択

    Gmail を選択

  2. Gmail アカウントの設定を指定
    アカウント情報の設定

    アカウント情報の設定

  3. 同期する項目を指定
    同期する項目を指定

    同期する項目を指定

同期する項目ですが、自分はメールは Gmail アプリでチェックしているので、「オフ」にしています。

Google モバイルの設定

  1. Google カレンダーの設定ページを開く
  2. Google 側で同期を設定したいカレンダーを指定する
    同期するカレンダーにチェックを入れる

    同期するカレンダーにチェックを入れる

当然ながら、この時点で共有していない(されていない)カレンダーは同期の対象外になりますので、予め共有が必要なカレンダーはそう設定しておきましょう。

iPhone のカレンダーアプリの設定

  1. カレンダーアプリの左上の「カレンダー」ボタンをクリックする
  2. Google カレンダーで同期の設定をしたカレンダー一覧から、表示したいカレンダーを選択する
    利用するカレンダーにチェックを入れる

    利用するカレンダーにチェックを入れる

表示したいカレンダーを選択します。
自分は、本当に不要な実験用のカレンダー以外は Google と同期しておき、表示したいカレンダーだけ表示するようにしています。

まとめ

iOS 4 から App Store で配布されているカレンダーアプリは標準のカレンダーアプリの情報を参照できるようになったので、例えば私が使っている .Sched などでは次の様に見ることができます。

.Sched の表示例

.Sched の表示例

一覧性が高いので、良いですね。

こういった利便性を上げる事の積み重ねが、不要な時間を削減していくのでしょうね。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す