RAD Studio:Windows 7 で BDE を使ったアプリがエラーした(C:\PDOXUSRS.NETが存在しない):解決

この記事を書いた背景

Windows 7 上の Delphi 2007 で BDE と DBX のプログラム作成をテストしていたら、「C:\PDOXUSRS.NET」が存在しない系のエラーが出てしまいました。

↓こんなメッセージ

「ネットワークの初期化に失敗しました.
ファイルまたはディレクトリが存在しません.
ファイル: C:\PDOXUSRS.NET
アクセスは拒否されました.
ディレクトリ: C:\」

このままでは困るので解決方法を探します。

原因と解決方法

Vista の時も同じだったと思ってググってみたら、情報はたくさん出てきました。

原因は排他共有用のファイルを C:\ に書き込もうとしているのに
権限が足りずにエラーしているだけです。

解決方法は、権限を与えるか、権限があるフォルダにファイルを移動すれば解決します。

ドライブのルートにファイルを書き込むのは
近年の OS ではマナー違反ですので、後者を選択します。

解決方法

まずは BDE Administrator を立ち上げます。

「コントロールパネル」から起動する際、
Shift キーを押しながら右クリックして「管理者として実行」を選択します。
Delphi 2007 BDE admin01

BDE Administrator が開いたら「環境設定」タブを選択し、
「環境設定\Drivers\Native\PARADOX」の順にツリーを展開します。

右ペインの「定義」タブ内にある「NET DIR」のディレクトリを
C:\ 以外で実行するユーザが書き込み権限を持つディレクトリを指定します。
Delphi 2007 BDE admin02

通常は、自分のドキュメントフォルダ以下にすれば間違いないでしょう。

まとめ

さすがに BDE には古さを感じてしまいますね。。
とりあえず FireDAC に移行するのが良いでしょうね。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

RAD Studio:Windows 7 で BDE を使ったアプリがエラーした(C:\PDOXUSRS.NETが存在しない):解決” に対して2件のコメントがあります。

  1. おじき より:

    BDE Administrator tと言うファイルが出ない場合はどうすればいいいですか?

  2. Kryu^2 より:

    >おじきさん
    コメントありがとうございます。
    BDE Administratorはファイルではなく、コントロールパネルに登録されたプログラムです。
    検索はコントロールパネル上でお願いします。

    もしコントロールパネルにBDE Administratorがない場合、そもそもBDEがインストールされていない可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です