RAD Studio XE5(Delphi)で Android アプリを作ろうとしたら Android エミュレータを作成する必要がありますと言われた:解決

この記事を書いた背景

RAD Studio XE5(Delphi)で Android アプリを作ろうとしたら Android エミュレータを作成する必要がありますと言われたので、解決する方法についてまとめました。

原因

capture_001_06102013_233616
プロジェクトマネージャでターゲットが存在しない場合の話です。

capture_002_06102013_234039
実行できずにエラーします。

プログラムを実行する環境がないだけなので、エミュレータを作成するか実機を接続する必要があります。

解決方法

capture_003_06102013_235051
スタート画面からAndroid Virtual Device Managerを立ち上げます。

capture_004_06102013_234255
利用したいバージョンのAndroid SDKにチェックを入れ、インストールします。

capture_005_06102013_234316
Packageの依存関係などを指定して続けます。

capture_006_06102013_235201
インストールが終わったら、「New」ボタンをクリックして新しいAVD(Android Virtual Device)を登録します。

capture_007_06102013_235212
新しく作ると追加した結果が表示されるので、どんなデバイスか確認しておきましょう。

capture_008_07102013_091959
作成後はAVDの一覧に表示されるはずです。

capture_009_06102013_235228
RAD Studioの「プロジェクトマネージャ」にも、「ターゲット」に作成したAVDが表示されると思います。
リフレッシュで読み込まれない場合は、RAD Studioを再起動しましょう。

capture_011_09102013_141214

あとは実行するだけ!

まとめ

複数のプラットフォームを利用することになるので最初の手間はありますが、アプリの製作はまぁ本当に簡単ですね。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です