Parrot Bebop 2にプロペラガード付けてみた

Parrot Bebop 2ドローンに樋工事の安全対策としてプロペラガードを付けてみました。

購入したのはノーブランド品のものです。

安いのもあって中国からの発送でしたが、注文日から6日程度で届きました。

バリがありましたがカッターで処理するぐらいで、基本的な品質(と言っても可動部もないですからね)は問題ありません。

装着してみると意外とデカい気がします。

写真で見てみる

箱から出してみたところ。

Parrot Bebop 2本体とのジョイント部分に結構大きなバリがあります。

 

カッターで処理しました。
ツルッツルです♪

 

ジョイント部分が付くのはモーターを設置する本体側の黒い部分です。

プロペラガードの左右があるので注意ですね。

 

装着したところ。

一回り大きくなってしまいましたが、室内でのフライト初日にシーリングライトのカバーを(娘が)操縦して割ったので仕方がなし!

まとめ

安心感を1,000円程度で買ったと考えれば十分に満足できましたよ。

外で飛ばすには邪魔なので外しちゃいますが(笑)

購入したもの

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す