MacBook 2015をAnkerのUSB急速充電器で充電できるか試してみた

この記事を書いた背景

MacBook 2015を買うまでの自分の利用環境は、自宅と会社には据え置きのACアダプターを持ち、必要があればそのどちらかのACアダプターを持ち歩くと言う運用をしていました。

しかし、MacBook 2015を購入したらこれまでのACアダプターが使えなくなりました。

また新しいACアダプター買うのもなんだか無駄だなぁと思っていたのですが、考えてみればMacBook 2015には充電も可能なUSB Type-Cのポートが一つ付いているではないですか。

そこで、据え置きで充電する用にはUSB充電器で良いんじゃないか?と思いつき、AnkerのUSB急速充電器にUSBケーブルを繋いで試してみたのでその記事です。

試したもの

次の充電器とケーブルを利用してみました。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載

PowerIQと言う、充電する機器の状態に合わせた充電状態を制御する機能を持ったUSB急速充電器です。

過去記事でも詳しく紹介したので参考にしてください。

お買い物♪どのポートに挿しても急速充電に対応してくれる Anker 40W 5ポート USB 急速充電器を買ってみた

USB Type-C 3.1 データ転送用ケーブル

今回充電の実験ができれば良かっただけなので、なんとなく良さそうで安かった次のケーブルを購入しました。

購入時点では1,380円!
USB Type-Cのケーブルとしては安い方かと。

試した結果

購入したケーブルは、この袋入りのケーブルが白箱に入っていました。

USB Type-Cケーブル

AnkerのUSB急速充電器に繋いでみたところ。
見づらくてすみません。。

MacBook 2015とAnkerのUSB急速充電器を繋いだところ

ちゃんと充電が始まりました。
35%から充電完了まで11:19らしいです(・д・)

MacBook 2015とAnkerのUSB急速充電器を繋いだ直後の充電状態

47分後に見てみると・・

50%まで充電され、充電完了まで4:18となりました。

MacBook 2015とAnkerのUSB急速充電器を繋いでしばらく経った充電状態

まとめ

結論としては、1%充電するのに3分ちょいって感じでした。

Chrome、Firefox、VMwareで仮想マシン1台、Word 2016、PowerPoint 2016、Outlook 2016、Acrobat、iTunesなどを動かしながらの検証なので、ぶっちゃけ検証環境としては微妙です。

ですが、速度は遅くとも使いながらでも充電できることがわかりましたし、夜寝る前に挿して朝100%ならいいや、ぐらいの緩い感じなら十分に実用的です。

サードパーティーから軽量の製品などが出てくるまでは、これでいきます。

買ったもの

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す