WordPress の Contact Form 7 プラグインでスパム回避のために Akismet を連携させてみた

背景

最近会社のサイトに設置した Contact Form 7 で作られている問い合わせフォームへのスパムが1日に10数通届くというメンドクサイ状況になっていました。

解決方法

さすがに手動でスパム判定するのも面倒ですので、何か仕組みを作ろうと思って最初に取り組んだのが、Akismet との連携です。

Akismet は WordPress に標準で組み込まれているスパムフィルターのプラグインです。
プラグインを有効化し、WordPress.com で取得した API キーを設定するだけで利用できます。

組み込む手順

Contact Form 7 で Akismet と連携できる項目は、
「送信者の名前(author)」「送信者のメールアドレス(author_email)」「送信者の URL(author_url)」の3つです。

これらをフォームのタグに指定していきます。

  1. WordPress の「お問い合わせ|コンタクトフォーム」メニューから、編集したいフォームを選択します。
  2. フォームのタグに、オプションを追記します。
    例)
    [code lang=’text’] 名前のチェック:[text* your-name akismet:author] メールのチェック:[email* your-email akismet:author_email] URL のチェック:[text your-url akismet:author_url] [/code]

この機能がきちんと動いているかテストするためには、送信者に「viagra-test-123」を指定します。

参考:本家の説明

注意点

このオプションを指定した場合、「akismet:」で指定した項目はすべて Akismet に一度送られます。
そのため、送信ボタンを押してから反応が返ってくるのに時間がかかる場合があります。

まとめ

Akismet をスパムフィルターに利用する事で、最近増えてきた日本語でのスパムなどにも対応できました。
パフォーマンスに影響を及ぼすオプションですが、用途に合わせて適宜利用するのが良いと思います。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です