LG gram 13のCaps LockをCtrlに割り当てる方法

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

この記事を書いた背景

今使っているLGのgram 13はなかなか満足のいく性能なのですが、キーボード配列のうちあCtrlキーの位置に不満があります。

※私のgram 13はこれ

というのも、会社ではMacBookを利用しているため、入力時に意外とCaps Lockを押してしまうのです。

そこで、Caps LockをCtrlキーに割り当ててしまおうという記事です。

解決方法

と言ってもやることは簡単で、キーボードのCaps LockとCtrlのスキャンコードにマッピングを変更するだけです。

レジストリを弄るでも良いですし、Windows Sysinternalsが提供しているCtrl2capを利用するのも良いでしょう。

私は後者で行いました。

手順としては、最初に次のURLからCtrl2capをダウンロードします。

Ctrl2cap – Windows Sysinternals

コマンドプロンプトもしくはWindows PowerShellを管理者モードで立ち上げます。

Windows10 PowerShell

次のコマンドでインストールします。

ctrl2cap /install

元に戻したい場合は、次のコマンドでアンインストールします。

ctrl2cap /uninstall

まとめ

使うキーボードが1種類であれば慣れで問題なくなるのですが、切替が頻繁だと思考が一瞬停止するのでよろしくないですね。

サクッと気持ちと共に切り替えて行くのが良いですね。

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓