SONY h.ear in MDR-EX750にコンプライのイヤーチップを付けて、スターバックスで遮音性を試してみた

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

SONY h.ear in MDR-EX750

この記事の背景

普段使いのイヤホンとしてSONY h.ear in MDR-EX750にコンプライのイヤーチップを付けて使えるかどうか、スターバックスで遮音性を試してみました。

というのも、なんとなく購入したハイレゾ対応のイヤホン h.ear inが余ってたんですね。

ケーブルも細く軽いので、普段の持ち歩きに代わりに使いたかったのですが、仕事などに集中するときに使うために購入したBOSE QC20iがノイズキャンセル機能付きなのに比べ、h.ear in付属のイヤーピースでは周りの音が気になってしょうがないのです。

そこで、イヤーピースでどうにかならないかと試したという流れです。

購入したもの

組み合わせたのはこれら。

Txは耳垢ガード付き、500は差込部分の外径が5mmであることを示しています。
このTx-500は元々JayBird BlueBuds X用に購入したものが余っていたのですが、ピッタリ使えて良かった(笑)

試してみたところ

店内の音楽や店員さんの挨拶声は聞こえてきますが、いわゆる隣席の方がだす環境ノイズなどはほぼなくなりますね。

ht-sr.com などで自然音でも流せば集中するという観点では素晴らしい状態を保てます。

ただし、電車内の乗車音などの定期反復する音などを打ち消すのは厳しそうかな。

フィット感はさすがのコンプライで、低反発スポンジがピッタリと内耳に張り付いてきます。

元のイヤーピースに比べて低音が強調される感じになった気がします。

結論

さすがにアクティブノイズキャンセリング機能付きのBOSE QC20に比べると遮音性能は下がりますが、必要十分かと。

ワードプレスをお使い方へ

失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓