Windows 8 の Internet Explorer 10 が Windows UI (旧 Metro)モードで動かなくなったので復活させたい:解決

Windows 8 の Internet Explorer 10 は、デスクトップ上で旧来のようにウィンドウモードで動くデスクトップ版と、Windows UI (旧 Metro)モードで動くタッチ版の2種類があります。

しかし、ふと気づくとスタート画面からタッチ版が起動しなくなっているのです。

「スタート画面」で全てのプログラムを表示してもそれっぽいアイコンは見つからず、
困ったので調べてみると、解決方法は案外面倒くさかったです・・のでメモ。

Windows 8 Internet Explorer 10

解決の手順

  1. 「コントロール パネル」から、「プログラム|既定のプログラム|既定のプログラムを設定する」を選択する
  2. 「プログラム」一覧から「Internet Explorer」を選択し、「すべての項目に対し、規定のプログラムとして設定する」ボタンか「規定でこのプログラムを開く項目を選択する」ボタンをクリックする
    後者の場合、プロトコルの「http」か「https」、もしくは両方に「Internet Explorer」を指定する
    Windows 8 規定のプログラム
    ※ここまでで上手く表示された方は次の手順は必要ありません
  3. 「コマンドプロンプト」を起動し、次のコマンドを打ち込んで実行する
    [code lang=’shell’] C:\Windows\System32\ie4uinit.exe UserIconConfig
    [/code]

まとめ

Windows 8 を使っていると、他のブラウザに比べて Internet Explorer 10 は本当に速いです。
Windows UI で使っていれば、普通のタブレットとして全く違和感もありません。

しかし、規定のプログラムでなければならないなど、こういった制約は正直気づけないので大変ですね。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す