Windows 8/8.1 でワイヤレス ネットワークのプロファイル(Wi-Fi/無線 LAN)の優先順位を変更する方法

問題

Windows 8/8.1 では、Windows Vista/7 にあった「ネットワークと共有センター|ワイヤレス ネットワーク接続の管理」機能が無くなってしまいました。

そのため、Windows 7 までなら GUI でできたワイヤレスネットワークの優先順位の変更もできなくなっています。

では Windows 8 移行まったく方法が無くなったのかというと、そうではありません。

優先順位を変更する方法

ではどのように変更するればよいかと言うと、この記事を書いた時点ではコマンドラインによる操作か、レジストリをいじる方法しかないようです。

この記事ではコマンドラインで netsh コマンドを用いてプロファイルの一覧と削除を行う手順をメモしておきます。

参考:ワイヤレス ローカル エリア ネットワーク (WLAN) 用の Netsh コマンド

一覧、変更の手順

以下の手順は、全てコマンド プロンプトから行います。
検索チャーム、Windows + R、Windows システム ツール、などからコマンド プロンプトを起動してください。

コンピュータ上で構成されているワイヤレス プロファイルの一覧を表示するには show profiles コマンドを指定します。
dreamhive と言うプロファイルが8番目にいる事が確認できます。
[code lang=’shell’] netsh wlan show profiles
[/code] netsh profiles before

続いてコンピュータ上で構成されているインターフェイスの一覧を表示するため、show interfaces コマンドを指定します。
Wi-Fi と言うインターフェイスが確認できます。
[code lang=’shell’] netsh wlan show interfaces
[/code] netsh interfaces

今回は、「Wi-Fi」インターフェイスの「dreamhive」と言うプロファイルの順番を1番目にしてみます。
順番の変更には set profileorder コマンドの priority パラメータに0か1を指定します(することで他のプロファイルの状態に関係無く最初になります)。
[code lang=’shell’] netsh wlan set profileorder name=”dreamhive” interface=”Wi-Fi” priority=1
[/code] netsh setoprder

再度コンピュータ上で構成されているワイヤレス プロファイルの一覧を表示するために show profiles コマンドを指定してみます。
dreamhive プロファイルが1番目にいる事が確認できます。
[code lang=’shell’] netsh wlan show profiles
[/code] netsh profiles after

まとめ

Windows は、最悪コマンドでなんとかできる、と言う方針で XP 以降ここ10年ぐらい進化してきたと思います。
そのため、グラフィカルなユーザー インターフェイスが変わったり増えたりして良かったのですが、Windows 7 あたりから UI が無くなっていたりして時々困る事がありますね。

そんな時はコマンドを・・ってあまり初心者向けではないような。。

どんどん改善されていくとは思いますが、8/8.1 が落ち着くにはもう少し時間がかかりそうです。

Update1 でどこまで GUI 関連も復活するのか気になるところです。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す