Macでzipファイルを解凍しようとしたら.cpgzファイルが作られて解凍できない、の解決

Macでzipファイルを解凍しようとしたら.cpgzファイルが作られて解凍できない、の解決

この記事を書いた背景

インターネット上でダウンロードしたzip形式の圧縮ファイルをMacで開こうとしたら、アーカイブユーティリティーがcpgz形式の圧縮ファイルを新たに作成してしまうという現象が出てしまいました。

cpgzとは、Compressed CPIO Archiveの略で、Mac OS X(macOS)などのUNIX系のOSが利用する圧縮ファイルのフォーマットの1つですね。

原因

この問題は、元となるzipファイルが壊れている場合や、圧縮したときのWindowsアプリケーションそのものの問題やそのアプリケーションの設定などによって発生するようです。

解決方法

Mac側で対応するアプリケーションをインストールする方法か、ターミナルでコマンドを打つのが良いと思います。

今回はターミナルでやる場合についてです。

使うのは「unzip」コマンドで、引数にzipファイルを指定するだけです。

下記の例では「30586_object_pascal_handbook_by_marco_cantu_updated_for_10.1_berlin.ZIP」を展開するためにコマンドを実行したときの状況です。

mbeye:~ kryu2$ cd /Users/kryu2/Downloads/
mbeye:Downloads kryu2$ unzip 30586_object_pascal_handbook_by_marco_cantu_updated_for_10.1_berlin.ZIP
Archive:  30586_object_pascal_handbook_by_marco_cantu_updated_for_10.1_berlin.ZIP
  inflating: ObjectPascalHandbook_BerlinVersion.pdf

最初の「cd」コマンドでダウンロードしたディレクトリに移動し、「unzip」コマンドを実行しました。

「ObjectPascalHandbook_BerlinVersion.pdf」が抽出されたことがわかります。

まとめ

Mac OS X(macOS)はコマンドを上手く隠してとても使いやすい環境を提供していると思いますが、いざという時はコマンドを使うのがやっぱり楽ですね(笑)

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です