AviUtlで動画を読み込み後、特定の範囲だけ切り出してmp4で保存する手順

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

この記事を書いた背景

ある発表会の動画をいただいたのですが、自分に関係する部分だけに切り出したいと思いました。

動画編集ソフトでやれば良いだけだと思ったのですが、最近ノートを買い換えたためまだ編集ソフトが入っておらず、手っ取り早く作業するためにフリーソフトのAviUtlを使うことにしました。

そしたら案外引っかかってしまったので、その解決までのメモを残します。

AviUtlはAviUtlのお部屋から。

引っかかった点

自分が引っかかったのは、AviUtlはmp4の読み込み・書き出し機能が標準ではないという点です。

コーデックが足りないだろうという認識はあったのでL-SMASH Worksを導入したところ、読み込みはできるようになったものの書き出しがエラー(failed to open the input files)で失敗し、それを解決することができませんでした。

※私の動画に関する知識不足が原因だと思います

ここで、本当は再圧縮無しで切り出したかったのですが、エンコードする方針に切り替えました。

解決方法

エンコード前提の方針に切り替えたので、AviUtl用の別のプラグインである「拡張x264出力(GUI)Ex」を利用することにしました。

拡張x264出力(GUI)Ex プラグインのインストール

拡張x264出力(GUI)Exのダウンロードは「rigayaの日記兼メモ帳」から。

※私が見たときはサイドバーの「いろいろ」の中にOneDriveへのリンクがありました

zipを展開後、auo_setup.exe を実行し、AviUtl.exe のあるフォルダーを指定して実行します。

しばらくするとインストールが完了します。

動画を特定の範囲だけ切り出す

AviUtlでの動画の切り出しは次の手順で行います。

  1. シークバーで開始位置に移動する
  2. 選択開始フレームを指定する
  3. シークバーで終了位置に移動する
  4. 選択終了フレームを指定する
  5. 右クリックして「選択範囲の切り出し」メニューを選択する

AviUtl 選択範囲の切り出し

動画を出力する

動画に好きな切り出し範囲を指定したら、次の手順でmp4に書き出します。

  1. 「ファイル|プラグイン出力|拡張x264出力(GUI)Ex」メニューを選択する
  2. 「ビデオ圧縮」ボタンをクリックする
  3. 「プロファイル」メニューからプリセットの設定を選択するか、個別に値を設定し、「OK」ボタンをクリックする
  4. 書き出す「ファイル名」を指定し、「保存」ボタンをクリックする

まとめ

無料の動画編集ソフトとして有名なAviUtlを使って動画の切り出し作業ができるようになりました。

もっと高度な編集ができるソフトではありますが、今回のようなちょっとした作業でも十分に使えますね。

作者様に感謝です。

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓