Google Chromeのページ表示がおかしいときに強制的に再読込させる方法

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

この記事を書いた背景

Google Chromeを長く使っていると、ページがきちんと表示されない、JavaScriptなどで本当は動くはずのメニューがうまく動かない、などの不具合が出てくるWebページが出てきます。

「シフト」キーを押しながら「更新」ボタン(F5)で再読み込みさせることなのですが、それでもうまく行かないことがあります。

そんな時は、強制的にそのページに関するすべてのキャッシュの消去を行ってみましょう。

解決方法

Google Chromeでは、「キャッシュの消去とハード再読み込み」という機能を使います。

最初に右上の「設定(縦に・が3つ並んだボタン)|その他のツール|デベロッパー ツール」メニューを選択しておきます。

画面下部にElementsなどのデベロッパーツールが出てきます。

この状態で、ツールバーの「更新」ボタンを右クリックすると、「キャッシュの消去とハード再読み込み」メニューが表示されますので、選択します。

Google Chrome キャッシュの消去とハード再読み込み

以上です。

まとめ

自分の場合は、Google カレンダーやYouTubeなど、JavaScriptを多用したWebページの調子が悪くなったときに利用しています。

客先環境などであまり大きく弄りたくない場合などに有効な方法だと思います。

ところで、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作れたら良いと思ったことはありませんか?

ワードプレスを使えば実現できるのですが、いくつかのポイントを外すと失敗してしまいます。
実際、私は仕事柄いくつもの失敗を見てきました。

このメール講座では、その大事なポイントについて失敗事例を元に解決策をお伝えします。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓