WordPress の Jetpack プラグインにある youtube ショートコードを使って第27回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプのライトニング トークの動画を自分のところだけ区間再生してみた

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

プロが教える WordPress セミナー開催中!

昨年 2013/12/10 に行われたエンバカデロ・テクノロジーズさんの第27回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプのライトニングトークに山本も参加しました。

その時の動画がアップされたので、山本の部分だけ(笑)選択して再生させるように設定しました。

それがこの動画です。

WordPress での設定の仕方

さて、普通に YouTube の動画が埋め込まれていると思いますが、このブログは WordPress で運用されていて、その機能を使って動画の埋め込みを行っています。

つまり、YouTube の埋め込みよう HTML を貼り付けているわけでは無いと言うことです。

やり方はとても簡単で、Jetpack プラグインをインストール後、次の youtube ショートコードを記述すればお終いです。

ショートコードの引数には、ブラウザで再生するときの URL を指定するのみです。

[code lang=”text”] [ youtube http://www.youtube.com/watch?v=ZFmTosirFOo ] [/code]

YouTube ショートコードのオプション

ここで気づいていただきたいのが、再生位置を示すインジケーターの形です。
カギ括弧で再生範囲が限定されているのがわかるでしょうか?

第27回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ ライトニングトーク

これは、YouTube 埋め込みプレーヤーが持つオプションを使って、開始秒と終了秒を指定した状態です。

実際に書いた youtube ショートコードは次の様なものです。

[code lang=”text”] [ youtube http://www.youtube.com/watch?v=ZFmTosirFOo&start=395&end=764 ] [/code]

開始秒は 6:35 なので 395 に、
終了秒は 12:44 なので 764 に設定しました。

この指定を行うと、先の画像の様に区間再生を行う事ができます。

参考:YouTube Embedded Players and Player Parameters

まとめ

他にも指定出来るパラメーターはたくさんあり、HD 画質での表示指定やループなども行えます。

パラメーターでいじれるんだと言うことを知っておけば、やりたい事があった時にヘルプで調べられますね。

ところで、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作れたら良いと思ったことはありませんか?

ワードプレスを使えば実現できるのですが、いくつかのポイントを外すと失敗してしまいます。
実際、私は仕事柄いくつもの失敗を見てきました。

このメール講座では、その大事なポイントについて失敗事例を元に解決策をお伝えします。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓