Windows 10が日本語キーボードを使っているのにドライバー指定してもレジストリ弄っても英語キーボードとして認識してしまう:解決

この記事を書いた背景

先日、私が使っているWindows10のデスクトップPCに106/109日本語キーボードを繋いだのですが、101英語キーボードと認識されてしまいました。

英語キーボードと認識されていると、日本語キーボードで入力しても次の様なキーアサインの違いが発生してしまいます。

  • 「半角/全角」キーを押すと「`」が表示される
  • 「@」キーを押すと「[」が表示される
  • 「無変換」「変換」キーが利かない

英語キーボードのレイアウトが頭に入っていればさして問題なく使えるのですが(自分は平気)、AutoHotKeyなどキーハック系が思った通りに動かずストレスが溜まります。

ただ、この英語キーボードになってしまうトラブルはこれまで何回も遭遇してきたものでして、次の方法で対応すれば良いと思っていました。

  • 「設定」の「時刻と言語」画面の「ハードウェア キーボードレイアウト」で「日本語キーボード」を指定する
  • レジストリエディタで「HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters」の「LayerDriver JPN」や「OverrideKeyboardIdentifier」の値を適宜指定する
  • 「デバイス マネージャー」で該当キーボードの「ドライバーの更新」で、ドライバーを参照して指定する

ついでにキーボードのメーカーにも問い合わせてみたのですが、色々試してみたあとOSを再インストールしてくださいで終わる・・

その後解決したのでその内容をメモしておきます。

解決方法

正直言えば、正確な原因は突き止められませんでした。

どこまで再現性が確実かはわからないのですが、少なくともこの手順で私は上手くいった、という情報として残しておきます。

次の手順でOSが持つ言語関連の設定をまるごと削除した後の再設定で上手くいった、と認識しています。

  1. スタートメニューから「設定」を開きます
  2. 「時刻と言語」アイコンを開きます
  3. サイドバーの「地域と言語」を選択します
  4. 「日本語」を「削除」ボタンで削除します
    ※「言語」の一覧に1つしかない場合は「言語を追加する」ボタンで英語などの言語を追加し、「規定値として設定する」ボタンで規定の言語にします
    規定の言語は次のステップで削除できないためです
  5. 「言語を追加する」ボタンで「日本語」を追加します。
    Windows10地域と言語の設定
  6. 「規定値として設定する」ボタンで規定の言語にします
    ※先の手順などで不要な言語がある場合は「削除」ボタンで削除しておきましょう

以上です。

まとめ

過去の対処方法も色々ありますしそれなりになんとかなるのですが、Windows 10の日本語入力周りはまだ手を入れて欲しい部分がたくさんありますね。

とくにソフトウェアキーボードについては言いたいことがたくさんあります(笑)

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す