Lenovo YOGA BOOKにフリーテルのデータSIMを挿して使えるようにした

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

この記事を書いた背景

先日購入したLenovo YOGA BOOK with WindowsにFREETELのデータSIMを挿しました。
APN設定を行わなければ当然通信が行えませんので、その設定方法についてのメモ。

APNとは

APNとはAccess Point Nameの略で、携帯電話回線から他のネットワーク(インターネット)へ接続を行う経由地(ゲートウェイ)の設定のことです。

大手キャリアとキャリアが提供するSIMの組み合わせであれば、あらかじめ端末に設定されているので手間が無いのですが、今回の様にWindows端末に格安SIMなどを挿す場合には設定が必要となるわけですね。

SIMはこんな感じで挿します

SIMとmicroSDを挿したところ

APN設定

Lenovo YOGA BOOK with Windowsに設定する手順は次の通りです。

  1. 「スタート」、歯車アイコンでコントロールパネルを開く
  2. 「ネットワークとインターネット」を選択する
  3. 「携帯電話」を選択する
  4. 「NTT DOCOMO(LTE)」を選択し、「詳細オプション」を選択
  5. 「インターネットAPNの追加」を選択
  6. 後述するの設定を入力して「保存」する

設定した画面

Lenovo YOGA BOOKにFREETELのAPNを設定する

APNに設定する内容

項目
プロファイル名 何でもOK→この例では「FREETEL」
APN freetel.link
ユーザー名  freetel@freetel.link
パスワード freetel
サインイン情報の種類 PAP
IPの種類 規定

FREETELの接続がアクティブになった画面

以上の手順を踏めば、タスクトレイのネットワークアイコンから「NTT DOCOMO」が選択できるようになります。

ネットワークアイコンにFREETEL接続のメニューが表示された状態

まとめ

Windows 10でフリーSIMを利用する手順としてはどこのキャリアでも一緒です。

FREETELのデータSIMは、利用しない月は299円で契約を維持することができ、10GBまでは従量課金でそれ以降は固定料金という契約です。

私は月によってテザリングのデータ量がすごく変わるので、そういった用途にとてもマッチした料金体系で助かっています。

サブ機としてLenovo YOGA BOOKを利用するなら是非データSIMを利用して、開けたらすぐインターネットの快適環境を手に入れて欲しいと思います。

P.S.

ちなみに、データSIM利用中にWindows UpdateやOneDriveなどが大量のデータ通信を行うのが嫌であれば、Windows 10の設定を弄って頑張るよりもTripModeなどのソフトを利用して通信するアプリの制限をかけた方が簡単ですよ。

TripMode

購入・紹介したもの

※Amazonのリンク載せましたが、オフィシャルページでも店頭購入でも一緒なので買いやすい方法が良いと思います

ワードプレスをお使い方へ

失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓

コメント

  1. minamoto より:

    すみませんが、
    SIMカードは何のタイプのカードでしょうか?

  2. Kryu^2 より:

    minamotoさん
    コメントありがとうございます。

    私が試したのは「使った分だけ安心プラン」という月額299円からのデータIMのプランです。