Delphi Prism に思うこと

Delphi Prism の情報はこちら

Visual Studio 上で Pascal (厳密には Delphi Prism 言語)を使ってアプリケーションを構築できる、と言うのが自分のざっくりとした認識です。

これが間違いでなければ(間違いでないだろうが)良い方針変更だと思います。

なにしろ、Galileo ベースで .NET 開発するのは、Ajax for ASP.NET などを含め、外部ランタイムの取り込みが面倒です。
そして、IDE 本体がサポートしなければならない負担も大きかったでしょう。

そんなところに会社のリソースを割くよりも、すでにある、しかも拡張を前提とした開発環境に移行してもらった方が、注力できる分効率が良いと言うものです。

厳密に言えば Delphi 言語とは違う部分があるのもしょうがないです。
そもそも、購入者のメリットが Win32 からの移行にどれだけあるのか。

できないよりはできた方がいい、それだけのことです。

会社の人的リソースを考えても、市販の書籍等々の量を考えると、Visual Studio への移行の教育にかかる負担はかなり低いと考えられます。

そして、今後の新バージョンリリースのスケジュールも、相当早くなるでしょうね。

今まで Visual Studio の新バージョンが出てから、1年近く待たないと同等の .NET 環境が手に入らなかったことを考えると、次元が違います。

*

とにかく、最新技術をすぐに Delphi Prism 言語で使える。これは本当にすばらしい。

#なんか文章バラバラ。。orz

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

イノシシの製作

次の記事

PHP の empty() の動作について