Vista の HDD を高速化する

HDD のライトバック キャッシュを有効にしてみました。

「デバイス マネージャ」を開き、「ディスク ドライブ」の中の対象の HDD のプロパティを出します。

「ポリシー」タブにある「拡張処理能力を有効にする」にチェックを入れます。以上。

実際にどういう事をやっているかは調べてからにして欲しいのですが、要は標準ではライトスルー(読み込み時)しか有効でないキャッシュ機能を、ライトバック(書き込み時)も有効にしましょう、と言うことです。

ですので、ライトバック キャッシュが有効の状態では、メモリにキャッシュした情報を HDD に書き込む前に OS がクラッシュしたり電源が途切れると、情報が欠損します。

だから、自分はノート PC のみ有効にしています。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す