Excel で数値のサンプルをランダムに作る RANDBETWEEN 関数を使う方法

この記事を書いた背景

Excel の記事を書いたりするとき、けっこう面倒なのがサンプル データの作成です。

ネタ自体はお客さんの仕事の最中とかに思いつくので良いのですが、データをそのまま使うわけにはいきません。

仕方がないので記事用にサンプルデータを作ることになるのですが、手入力はなかなかやってられませんね。

そこで、そんなサンプルデータの数値をランダムに作る方法の一つとして、RANDBETWEEN 関数を使う方法についてのメモです。

RANDBETWEEN 関数

RANDBETWEEN(最小値, 最大値) 関数は、指定された範囲で一様に分布する整数の乱数を返します。

例えば、下記の例では B3:B22 に 1〜100 の間でランダムな数値を出力します。
数式は「=RANDBETWEEN(0,100)」です。

Excel RANDBETWEEN

まとめ

Excel を使う際のテクニックはそれこそ無尽蔵にあります。
普段からどのように使えば良いかを考えながら、TIPS を頭に入れておくのが良いですね。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す