VMware Fusion 6 上の Windows 7 で Eclipse 4.3(Kelper) が起動しない(ワークスペースの選択後に一瞬画面が表示されるが消える:解決

問題

VMware Fusion 6 上の Windows 7 に Eclipse 4.3(Kelper) Pleiades All in One をセットアップしたのですが、JVM のデフォルト バージョンを 1.7 に設定したら、起動しなくなりました。

実際にはワークスペースの選択画面は表示されるのですが、どこを選択しても一瞬画面が表示されるのですが、すぐに消えてしまうのです。

原因

作成したワークスペースを使っているときに気がついたのですが、どうやらグラフィック系の処理の最中に落ちるようす。

VMware 系使っていて出るグラフィック系の問題は OpenGL 含めて結構起こるので、なんとなく VMware Tools のバージョンに当たりを付けたところ正解。

ちなみにエラーメッセージとかはこんな感じ。
[code lang=’text’] # A fatal error has been detected by the Java Runtime Environment:
#
# EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION (0xc0000005) at pc=0x777ee41b, pid=3420, tid=4864
#
# JRE version: Java(TM) SE Runtime Environment (7.0_51-b13) (build 1.7.0_51-b13)
# Java VM: Java HotSpot(TM) Client VM (24.51-b03 mixed mode windows-x86 )
# Problematic frame:
# C [ntdll.dll+0x2e41b] [/code]

解決方法

原因が VMware Tools だと思ったので、Eclipse が動かない Windows 7 仮想マシンを起動してから、VMware の「仮想マシン|VMware Tools の再インストール」メニューを選択して「修復」メニューから最新バージョンに更新しました。

無事動作しました。

VMware Tools の再インストール

まとめ

とても便利な仮想環境ですが、とくに開発関係などで自分は良く環境面のトラブルに遭うことが多い気がします。
ないと仕事できないくらいに大事なんですけどね。

この記事を見た方の参考になれば。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す