お買い物♪ 自転車にパニアバック的に取り付けられるカバンを探していて THULE(スーリー)の Gauntlet EVA Attache に行き着いた

背景

自分は汗っかきなので、自転車(クロスバイク)に乗るときにカバンを背負うのは苦手です。

それにも関わらず、リアディレイラーと本体を接続する部品が折れてしまった事故の際、折角取り付けたリアキャリア用のカバン入れをタクシーに自転車を積むために外したっきり直していなかったため、背負うしかありませんでした。

夏もそろそろ落ち着いてきましたが、それでも汗はかきますからね。

解決法の模索

と言う事で、どうにかなるべく簡単にリアキャリアに付けられるカバン(パニアバック的なもの)を探していました。

最初はリクセンなどの専門メーカーものを探していたのですが、値段とデザインと機能のバランスが良いものがまったくもって見つからず・・もう自作しか無いのかと考えていました。

自分の手先はそうとう器用ですが、それでも強度を保ったままカバンを加工するのはなかなか骨が折れそうです。

なんとかキャリアとの接続部分だけでも部品が無いかなぁと考えていたのですが、最終的に行き着いたのがショルダーのフックをかける部分をカラビナとかCカンを使って引っ掛けると言う方法でした。

この方法なら、垂直方向にカバンの質量がかかるので、キャリアに載せて動かないようにするよりも簡単で安全だと思ったのです(そして正しかった)。

これを思いついてからは、ショルダーフックがちょうど良い場所にあるカバンを探す事に集中でき、自分にとって理想と思えるものが THULE の MacBook 用ケースだったのです。

そしてカバンの購入♪

と言う事でカバンの写真たち。

自分が大事だと思っていたのは、ノートパソコンを安全に持ち運べてなるべく小さなことでした。
その他含めて列挙してみるとこんな感じ。

  • ノートパソコン(現在は MacBook Air 13)が入る
  • A4 の書類が入る
  • 電源などのアクセサリが入れられる
  • 中身を守るためのハードケースになる(かケースが入る)
  • 生活防水程度の耐水性
  • ビジネスに持っていても違和感が少ない

実際の使用感

実際に自転車に取り付けたところです。
いきなり雨天だったので濡れちゃいましたが、もともと防水のバックなので問題なし!

ここでのポイントは、Cカンによってバックをぶら下げただけだと横方向にぶらついてしまうので、フラットゴムを縦に引っ掛けてバックを抑えた点ですね。

Cカンもフラットゴムも島忠ホームセンターで購入。
http://www.yht.jp/ の Cカン ばね付 5MM
試用加重28kgf が1個200円で2つ、
SANYU SANGYO のフラットコードが1個188円で1つ、使いました。

とにかくめっちゃ快適(>_< )b

まとめ

Amazon のリンクを載せておきますが、自分はヨドバシカメラでサイズを見て購入しました。
自分のは15インチで型番が TMPA-115 なのですが、1つ小さい TMPA-113 もあります。

後者でもギリ MacBook Air 13 は入るのですが、出し入れなどがきつかったのでやめたんです。
ここら辺は実際に触ってみないとわからないと思いますので、現物を見た方が良いと思います。

Thule EVA Attache for 15インチ MacBook Pro MacBook用ケース 日本正規代理店品 CS3629 TMPA-115

まだ取付が面倒とかゴムで押さえるのがダサいとか細かい不満はありますので、もう少し考えるつもりです。

その後・・・

ショルダーのひっかけ部分が壊れちゃいました(汗)

代わりに BIG MAN の BWB-341 プロウエストベルトと言うベルトで、カバンの持ち手に繋げるようにしています。
3.2ミリの強厚でGI織、自分は良くわからないですが、ものすごく頑丈でした。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です