Excel VBA 実行中の画面描画を制御する

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

Excel 2010 の案件で VBA コードを久しぶりに書いているのですが、一部の計算が複雑らしく、実行中の画面描画がちらちらして目に優しくありません。

これを簡単に押さえるには、コードによる計算や画面描画が終わるまで、一時的に描画そのものは一時停止させてしまう方法です。

制御の仕方は簡単で、一時停止したいポイントで次のコードを。

[code lang=’vb’] Application.ScreenUpdating = False
[/code]

再開したいポイントで次のコードを記述します。

[code lang=’vb’] Application.ScreenUpdating = True
[/code]

ただし、True を指定しなくても VBA / マクロの実行が終わった時点で True 状態に戻ります。

Delphi の BeginUpdate / EndUpdate と一緒ですな。

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓