RAD Studio XE4(Delphi) の FireMonkey でファイルをコピーする方法(Windows, Mac 両対応)

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

RAD Studio XE4(Delphi) の FireMonkey を用いてファイルをコピーする方法についてのメモ。
この記事の方法で作ったプログラムは、Windows でも Mac でも動きます。

↓Mac で実行したところ
System.IOUtils.TFile.Copy プログラム

↓コピー元ファイルとコピーされたファイル
System.IOUtils.TFile.Copy 実行結果
※パッケージの中に含まれているので、Finder で右クリックして「パッケージの内容を表示」メニューを選択する必要があります

手順

  1. Form 上に TMemo, TButton コンポーネントを配置
  2. uses に System.IOUtils 名前空間を追加
  3. ボタンのイベントハンドラに次のコードを記述し、実行♪ [code lang=’delphi’] procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
    begin
    Memo1.Lines.Add(ExtractFilePath(ParamStr(0)) + ‘test.txt’);
    Memo1.Lines.Add(ExtractFilePath(ParamStr(0)) + ‘test by Copy.txt’);
    TFile.Copy(
    ExtractFilePath(ParamStr(0)) + ‘test.txt’,
    ExtractFilePath(ParamStr(0)) + ‘test by Copy.txt’
    );
    end;
    [/code]

メソッドの詳細は、docwiki のここら辺を参考にしてください。

まとめ

FireMonkey と書いてありますが、RTL を使っているのでそもそも VCL でも FMX でも無いですからね。
簡単にできるよ、と、実際にやったよ、と程度のサンプルです。

ところで、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作れたら良いと思ったことはありませんか?

ワードプレスを使えば実現できるのですが、いくつかのポイントを外すと失敗してしまいます。
実際、私は仕事柄いくつもの失敗を見てきました。

このメール講座では、その大事なポイントについて失敗事例を元に解決策をお伝えします。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓