mp3 の Cover Art を付けるのに、Mp3tag がすごく便利だ

先日購入した SONY の NW-A855 ですが、有機 EL 液晶がすごくきれいです。

なんですが、この液晶画面に表示されるのは カバーアート(Cover Art) と呼ばれる mp3 への埋め込み画像なんですね。

できればこの画像を表示したいところですが、今までリッピングした mp3 には、カバーアートが含まれていません。

そこで、なるべく簡単に画像を埋め込みたいと思ってネットを調べたところ、非常に便利な Mp3tag と言うソフトを見つけました。

日本語も標準で対応していて非常に便利なのですが、このソフトの導入時に設定した方が良いポイントがあったので、メモしておきます。

↓こんなソフト

Mp3tag で Cover Art を検索

Mp3tag で Cover Art を検索

それのポイントとは、このソフトが標準で持つ Amazon などからカバーアートを取得する機能が Amazon.co.jp に対応していないので、対応させる、ということです。

この取得機能はプラグイン的に実装されていて、日本語化工房 さんが Amazon.co,jp への対応ファイル を提供されていました。
※日本語化のためのファイル(本家よりも新しいバージョン)も配布されています

これを利用しましょう。

ただし Windows Vista/7 では、解凍後のファイルの置き場所は Program Files 下の Mp3tag のフォルダ内ではなく、「C:\Users\%Username%\AppData\Roaming\Mp3tag\data\sources\ 」となります。

対応ファイルのドキュメントにも書いてあるのですが、最初間違えて配置したため反映されず、戸惑いました。
※ドキュメント読まない自分が悪いのですが(^^;

カバーアート以外にも、曲名の取得などもできて本当に便利です。

これまで使っていた mp3 タグ編集ソフトだと、カバーアートが使えないのとバージョンアップが止まっているので、こっちも平行して使う感じですね。

タグ編集は前のソフトの方が便利なのですが・・

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です