Willcom 9(nine)+ を Windows 7 64bit 版に繋ぐ USB ドライバについて

光ポータブルを使うようになったので、Hybrid W-ZERO3 の利用頻度が極端に下がりました。。

電話しか使わないのであれば、別の W-SIM ジャケットでもいいやとお持ち、手持ちの物を探してみたところ、いくつか余っていました。

・W-ZERO3[es] 2台
・Advanced W-ZERO3[es] 1台
・9(nine)+ 2台(1台は液晶割れ)

初代 es はより重たくなるので除外w
Ades か 9(nine)+(←WS009KE) が検討対象になる。

で、とりあえず一番軽い 9(nine)+ にしました。

そして、データコピーをしようとしたのですが、Windows 7 用の USB ドライバが存在しない!
Windows Vista 対応のドライバをインストールしようとしても、失敗する!

そこでネットを検索したら、kaorun さんの記事を発見し、実際にやってみたところ、無事認識されました。

そして、H”問屋や netindex 社が配布しているPCユーティリティでもアドレス帳などのデータを操作できることを確認しました。

元記事まんまですが、以下作業のメモです。

変更するファイルは、展開後の「PHS_Driver_200_win\program files\ASUMO\PHS Driver\WS009KEplus\mdmkes02.inf」です。
インストールが失敗するので、直接 unzip して抽出しました。

変更は2カ所です。

[code lang=’text’] [Manufacturer] %CompanyName% = Models

[Manufacturer] %CompanyName% = Models,ntx86,ntamd64,ntia64
[/code] [code lang=’text’] [Models] %Modem1% = Modem1, USB\VID_1A12&PID_6002

↓ PIDに注意して次の3つのセクションを追加

[Models.ntx86] %Modem1% = Modem1, USB\VID_1A12&PID_6002

[Models.ntamd64] %Modem1% = Modem1, USB\VID_1A12&PID_6002

[Models.ntia64] %Modem1% = Modem1, USB\VID_1A12&PID_6002
[/code]

後は、デバイスマネージャなどでドライバの更新を選択し、上記ファイルが存在するフォルダを指定すればインストールできるはずです。

↓変更後のファイルをダウンロードできるようにしておきます(9(nine)+(←WS009KEplus)専用)
mdmkes02.inf

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

Willcom 9(nine)+ を Windows 7 64bit 版に繋ぐ USB ドライバについて” に対して1件のコメントがあります。

  1. 通りがかり より:

    ついでに、メモ書き
    その後H”問屋が起動した後、無事本体につながるのですが、電話帳を読みだせない。(読みだそうとするが0件読み込みましたとなる)
    ⇒ 通信速度を下げてみたところ成功しました

  2. Kryu^2 より:

    >通りがかり さん
    コメントありがとうございます。

    確かに仮想シリアル通信なので、通信の同期タイミングがずれると通信そのものに問題が出る可能性は高いですね。
    情報ありがとうございます。

コメントを残す