本読んでやれる気になるということ

「本は人の知識をまとめた一つの形態である」

これはきっと間違えのない事でしょう。

では、読むことによって知識を取り入れることとは、どういった事か。

これについて、多摩大学大学院教授の田坂 広志氏が日経プレジデントに載せた内容に、大変共感しました。

田坂氏はその中で「三つの読書」として、「知識を学ぶ」「知恵を掴む」「心の糧を得る」の三つを区別するべきだと書いています。

このうち、私がよく人に話すのが、「知恵を掴む」ことです。

私の表現で言えば、情報という単語には2つの側面があり、data と information に分かれるのです。

data はいくら集まっても、まとまった形にはならない断片的なものです。
対して information とは、data の集合に対し、いくつかの視点から体系化したものとなるのです。

つまり、data が集まっても、information としなければ、活用できないのです。

そして、information の状態でもあくまで情報源なだけであり、「処理」の過程を経て最終的な結果として、新しい価値を産むと考えます。

田坂氏の表現では、これは「知識」「知恵」「感得」なのだと思います。

疑似体験とも言うべき最後をできるかできないか、できた気にさせられて(良い表現が思いつかない)いるのか、本当に身についているのか(気づき)、ここがもっとも人の成長に関わる重要なポイントになります。

これって、教育と言う枠で可能なものなのでしょうか!?

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です