Gigabyte BRIXにIntel 7260HMW Wi-Fi Bluetoothカードを付けた

もう4年近く超小型PCとして愛用しているGigabyteのBRIXなのですが、少し前からBluetooth接続のマウスやキーボードが微妙な動きをしているなーと思っていたのですが、いきなりWi-Fiも接続されなくなってしまいました。

↓Gigabyteベアボーン GB-BXI3–4010、Core i3/Intel HM87

デバイスマネージャー上でも「!」マークが付いてる始末で、とりあえず掃除してみたけど改善せず。

状況から見てハードウェア問題と判断し、新しいモジュールを購入しました。

そのモジュール導入のメモ記事です。

購入したのIntelの7260HMWという、Wi-FiとBluetoothがmini PCI-eのカード1枚で使えるようになるというステキな商品。

Wi-Fiはデュアルバンド(2.4GHz/5.0GHz)デュアルストリーム(2×2)、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応で最高速度867Mbpsという自宅のルーターの限界値の方が心配になります(笑)

BluetoothはデュアルモードBluetooth 4.0対応なので、省電力タイプのBluetooth機器との接続ともOK。

数千円でこれが購入できるようになるとは技術革新ってすげー。

※画面右側中央が7260HWMモジュール

BRIXの交換作業そのものはラクチンです。

裏蓋の4本品外したらM.2スロットの下にmini PCI-eがあるので、基板交換するだけ。
アンテナ線繋げばお終いです。

Gigabyte BRIXにIntel 7260HMW Wi-Fi Bluetoothを付けた

PCを起動すると、Windows 10ではWi-Fiのみ自動で認識し、Bluetoothはドライバーのインストールが必要でした。

Bluetoothのドライバーは次のURLからダウンロードすればOK。
Wi-Fiも必要に応じてどうぞ。

インテル® Dual Band Wireless-AC 7260 用のダウンロードはこちらから

とりあえず使えるようになっただけなので速度チェックなどはしていませんが、とりあえずFXの自動取引が再開できて良かったヽ(^o^)丿

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です