SONY h.ear in MDR-EX750にコンプライのイヤーチップを付けて、スターバックスで遮音性を試してみた

SONY h.ear in MDR-EX750

この記事の背景

普段使いのイヤホンとしてSONY h.ear in MDR-EX750にコンプライのイヤーチップを付けて使えるかどうか、スターバックスで遮音性を試してみました。

というのも、なんとなく購入したハイレゾ対応のイヤホン h.ear inが余ってたんですね。

ケーブルも細く軽いので、普段の持ち歩きに代わりに使いたかったのですが、仕事などに集中するときに使うために購入したBOSE QC20iがノイズキャンセル機能付きなのに比べ、h.ear in付属のイヤーピースでは周りの音が気になってしょうがないのです。

そこで、イヤーピースでどうにかならないかと試したという流れです。

購入したもの

組み合わせたのはこれら。

Txは耳垢ガード付き、500は差込部分の外径が5mmであることを示しています。
このTx-500は元々JayBird BlueBuds X用に購入したものが余っていたのですが、ピッタリ使えて良かった(笑)

試してみたところ

店内の音楽や店員さんの挨拶声は聞こえてきますが、いわゆる隣席の方がだす環境ノイズなどはほぼなくなりますね。

ht-sr.com などで自然音でも流せば集中するという観点では素晴らしい状態を保てます。

ただし、電車内の乗車音などの定期反復する音などを打ち消すのは厳しそうかな。

フィット感はさすがのコンプライで、低反発スポンジがピッタリと内耳に張り付いてきます。

元のイヤーピースに比べて低音が強調される感じになった気がします。

結論

さすがにアクティブノイズキャンセリング機能付きのBOSE QC20に比べると遮音性能は下がりますが、必要十分かと。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す