PayPal で作成したボタンで購入を実行しようとすると文字化けエラーが起きてしまう:解決

問題

PayPal でドロップダウンやテキストフィールドを利用する様に作成したボタンで購入を実行しようとすると、次の様なエラーが起きて文字化けが発生してしまう場合があります。

「Data does not match input character set or default encoding.For more information,please contact the merchant」

原因

これは、送信側の文字コードと PayPal 側の文字コードが違っている事が原因です。

解決方法

解決するためには、PayPal 側の文字コードを、PayPal で作成した購入用のボタンを配置する Web サイトの文字コードに合わせます。

※PayPal 側のデフォルトの文字コードは Shift-JIS です

手順

  1. PayPal の管理画面にログインします
  2. 「個人設定」メニューをクリックします
  3. 左側にある「販売ツール」メニューをクリックします
  4. 画面下部「その他の販売ツール」カテゴリにある「PayPalボタンの言語コード化」リンクをクリックします
  5. 「詳細オプション」ボタンをクリックします
  6. 「エンコード方式」ドロップダウンで、購入用のボタンを配置する Web サイトの文字コードと同じものを指定します
    「PayPalから送信されたデータと同じエンコード方式を使用しますか?」は通常「はい。」を選択しておけば良いでしょう
  7. 「保存」ボタンをクリックします

※PayPal 側の仕様変更によって手順が変わる可能性があります

まとめ

今回の問題は文字コードの問題なのだとすぐわかったのですが、どこでその設定を変更すれば良いのかに戸惑いました。

決済手数料が安い PayPal は使い勝手が良いのですが、管理画面の使いづらさはどうにかならないものですかね。。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

前の記事

お買い物♪ TREK Ai-Ball

次の記事

お買い物♪ LEAP MOTION