Delphi Prism で作成した Blackfish SQL を利用する ASP.NET Web アプリケーションの配布方法

Delphi Prism で作成した Blackfish SQL データベースを利用する ASP.NET Web アプリケーションを配布する際は、ファイルのコピーだけでは足らず、DbProviderFactory に Blackfish SQL を登録する必要があります。
その手順などのメモ。

*

■アセンブリの登録

ASP.NET には、標準で SQL Server の接続アセンブリなどが登録されています。
しかし、例えば SQL Express など、ADO.NET 経由でデータベースを利用しようとする場合、DBプロバイダへのアセンブリ登録が最初に必要となります。

この事前登録する先が、「DbProviderFactories」です。

※DbProviderFactories への登録・利用は、プログラムソース上で行うことも可能ですが、面倒なので私はやりません

*

では、まずどこに新しいDBプロバイダを登録すれば良いのかについて確認しておきましょう。

ASP.NET では、各 Web アプリケーション設定は「Web.config」ファイルに保存されます。
しかし、Web サーバで設定を共有する設定は、「Machine.config」ファイルに保存されます。

DbProviderFactory へのアセンブリ登録は、上記2ファイルのどちらに行っても構いません。

Web.config は、Visual Studio などでも管理されるファイルですので、各 Web アプリケーションフォルダに存在しています。

Machine.config は、「C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\<バージョン>\CONFIG」に存在します。

*

登録する内容は、開発環境の Machine.config を見るのが一番確実でしょう。
「<configuration>\<system.data>\<DbProviderFactories>」を見ると、現在登録されている DbProviderFactory が確認出来ます。

この中の、「BlackfishSQL Local Provider」や「BlackfishSQL Remote Provider」ノードが設定内容です。
作成した Web アプリケーションの構成に合わせ選択しましょう。

BlackfishSQL Local Provider の方が、余計なリソースを消費しない分、個人的に良いと思います。

*

実際の配布時には、サーバの Machine.config を編集できるのであれば、上記 DbProviderFactory の設定を追加するのが手間がいらないと思います。
編集できなければ、Web アプリケーションごとに Web.config に、DbProviderFactories のノードを追加します。

その他、次のファイルを Web アプリケーションの bin フォルダにコピーしておきます。

  • Borland.Data.BlackfishSQL.LocalClient.dll
    「C:\Program Files\Common Files\CodeGear Shared\RAD Studio\Shared Assemblies\6.0」にあります
  • RAD Studio BlackfishSQL.slip
    「C:\Program Files\CodeGear\RAD Studio\6.0\bin」にあります

以上です。

リモート接続する場合や、サーバを動作させるには、上記に加えて次のファイルも必要になります。

  • BSQLServer.exe
  • BSQLServer.exe.config(設定ファイル:必要があればコピーして編集、設定する)

どちらも「C:\Program Files\CodeGear\RAD Studio\6.0\bin」にあります。

*

■セキュリティ設定

配布先の設定として、App_Data など Blackfish SQL の配布フォルダ・ファイルのセキュリティ設定に、ASP.NET の動作アカウントを追加する必要があります。

※Windows XP などでは ASP.NET、Windows Server 2003 などでは NETWORK SERVICE ユーザです。

「変更」を追加するか、他のセキュリティが設定されているのであれば「フルコントロール」にすれば良いでしょう。

*

以上です。

しっかし、動作する方法を見つけるまでに、ずいぶんと時間がかかってしまいました・・

*

<参考サイトなど>

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です