RAD Studio XE2 + IntraWeb でユーザーにファイルをダウンロードさせる方法

RAD Studio(Delphi) XE2 + IntraWeb(VCL for the Web) でユーザーにファイルをダウンロードさせる方法についてのメモ。

Atozed 社が提供している IntraWeb(VCL for the Web) は、ASP.NET などよりもはるかに昔から RAD 形式で Web アプリケーションを作成できるフレームワークです。

日本ではあまり知名度が無く、情報もほとんど無いのが残念なところでしょうか。

さて、この記事では、IntraWeb を使ってブラウザの先のユーザーに自由にファイルをダウンロードさせる方法についてメモします。

通常の Web 系の技術であれば、ユーザーにファイルをダウンロードさせるには Content-Type などの HTTP Header を設定して HTTP Body としてデータを送る、と言うのが基本ですが、IntraWeb などのフレームワークではどのようにカプセル化されているのかがわからず、結構手間取りました。

結論としては、IWApplication のインスタンスである WebApplication オブジェクトが持っている SendFile()/SendStream() メソッドを利用すればできました。

PDF ファイルをダウンロードする場合であれば、次の様になります。

WebApplication.SendFile('path/to/file.pdf', false, 'application/pdf', 'dispatch.pdf');

こちらは、ローカルに保存されている PDF ファイルを、”dispatch.pdf”と言う名前でダウンロードさせます。

WebApplication.SendStream(<stream .data.of.pdf>, false, 'application/pdf', 'dispatch.pdf');

こちらは、メモリーストリームなどに書き出された PDF ファイルを、”dispatch.pdf”と言う名前でダウンロードさせます。

とても簡単ですね。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です