Windows のコマンドプロンプト(cmd)でディレクトリに対して for を使う方法

顧客対応の関係で、複数の Java プログラムをチェックする必要がありました。

環境が Windows だったので、バッチ(bat)ファイルをコマンドプロンプト(cmd)で実行しようと思ったのですが、パッケージ指定が必要になったときに for を使ったディレクトリ指定の方法がすぐわからなかったので、メモしておきます。

最終的に作ったプログラムは次の通りです。

[code lang=’shell’] @echo off

path C:¥Java環境へのパス¥bin;%path%
cd 実行用パスのルート

for /D %%D in (*.*) do (
echo ==== %%D ====
for %%F in (%%D¥*.class) do (
java %%D.%%‾nF 引数
その他のチェック
)
)

@pause;
[/code]

ポイントは3つあります。

「for」で「/D」オプションを使っていること。
ファイル名指定に「‾n」を使っていること。
パッケージ名付きで Java クラスファイルを指定していること。

「for」の「/D」オプション

まず、バッチファイル中での for の動作でディレクトリを含めるためには、
「/D」オプションの指定が必要です。

この指定を行わないと、ファイル一覧に対して繰り返し処理を行ってしまいます。

ファイル名指定で「‾n」

繰り返し中、「%%F」を使うことでファイル名を指定できます。
しかし、「%%F」の表記の場合、拡張子を含めてしまいます。

そこで、「%%‾nF」と表記することで、拡張子無しのファイル名を指定するようにしています。

パッケージ名付きで Java クラスファイルを指定

Java クラスファイルをコマンドラインで実行する場合には、実行パスのルートから見て「パッケージ名.クラス名」と指定しなければいけません。

ディレクトリ=パッケージ名なので、外側の for でディレクトリを、内側の for でクラスファイルを、繰り返しています。

「%%D.%%‾nF」で「java」の引数としているわけですね。

まとめ

ちょっとした繰り返しぐらいなら、バッチファイルでも色々書くことができますね。

書いているとき、DOS の頃は Windows と 通常の環境の切り替えをバッチファイルで行っていたのを思い出し、なかなか懐かしかったです。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す