iPhone に iOS 5 を入れたあと、バッテリーを節約するために最低限やるべき2つのこと

iPhone に iOS 5 を入れたあと、バッテリーを節約するために最低限やるべき2つのこと。

たくさんの方に iOS 5 を入れたらバッテリーの持ちが悪くなったからどうにかならないか、的な質問を受け、個別に答えるのがたるく大変なので、まとめました。

位置情報サービスの設定

まずは位置情報サービスの設定です。
この機能は、iPhone などが存在する位置によってサービスの内容を変えたりするために使われるのですが、位置測定する度にバッテリーを食います。

アプリケーションを使わなければ位置測定も(基本的には)されないのでたいした量はなさそうなのですが、

システムサービスという iPhone などが起動している最中ずっと測定し続ける設定が危険です。

使わないサービスは切ってしまいましょう。

まずは「設定|位置情報サービス|システムサービス」を開きます。

位置情報サービスの設定

設定の中で、使わないと思われるサービスはオフにしましょう。
私の設定は次の通りです。

位置情報サービスの設定

「携帯電話通信網検索」は国内なら複数キャリアに接続する必要がないのでオフ。
「時間帯の設定」は国内でしか使わないのでオフ。
「渋滞情報」は日本ではサービス始まってないようなのでオフ。
「診断・使用状況」はどうせ見ないのでオフ。

Spotlight検索の設定

Spotlight検索でもバッテリーを食います。
これは、iPhone などのデータが更新される度に検索できるように、検索情報(インデックスですね)を更新するからです。

ですので、検索対象にしたくないデータは更新対象から外すのが良いですね。

「設定|一般|Spotlight検索」を開きます。
Spotlight検索の設定

検索の必要がない項目は、チェックを外します。
Spotlight検索の設定

特に、メールを複数のアカウント分同期していると、かなり食うようです。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です