ブラウザの違いによる JavaScript の getElementById の動作

最初に断っておくと、私は JavaScript が嫌いである。
厳密には、JavaScript を自分で記述するのが嫌いである。

開発において、想定しづらいほど多い複数の環境に対して動作を保証するのは困難だから、と言うのが正直なところ。

だから、できる限りカプセル化したライブラリを用い、なるべく自分で記述はしないようにとしています。
これも一つの品質に対する考えだと思うのです。

*

さて、そうは言ってもテキストボックスのクリアぐらいは書くのもしょうがないと思っていたら、くだらないミスをしてしまったので忘れないように自戒を含めてメモ。

事は、getElementById の動作が、IE では id 属性を指定していなくても、name 属性が一致すればオブジェクトを取り出せてしまったことが始まりです。

つまり、IE では動作していたスクリプトが、Firefox などでは動かないと言われ、気づいたのです。

ここには2つ問題があって、一つは今の id 属性を指定していなければオブジェクトを取得できないと言うこと。
もう一つは、document オブジェクトの指定を省いた場合、IE はそれを補完する機能が働くこと、でした。

このため、name 属性のみを指定した要素を getElementById() のみで取得した場合、IE は動作するが Firefox などでは動作しないと言う先の問題が発生したのでした。

*

きちんと考えて、ドキュメントを読めば当たり前の事だったのですが、まぁミスしてしまいました。はぁ。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Smarty の html_select_time の引数