ブログパーツ的なものの作成方法

ブログパーツや、ウィジェット(Widgets)やガジェット(Gadgets)の作成方法について、仕事で扱うかも知れないので、調べてみました。
そのメモ。

*

ブログパーツはまだいいのですが、ガジェット(≒ウィジェット)は動作するプラットフォーム(Windows Vista/7, iGoogle, Google デスクトップ, etc…)がたくさんあり、それぞれに向けた作り込みが必要なようです。

ブログパーツも、サイズという観点から見れば、やはり何パターンか作る必要があると言えるでしょう。

作り方の方針

さて、今回は、自社の既存コンテンツが使えるように、ブログ側からは JavaScript コードを貼り付けてサーバの JavaScript を読み込み、読み込まれた JavaScript 内で外部の既存コンテンツ(PHP など)を呼び出すように作ってみました。


「ブログ内の script タグ」 → 「サーバの JavaScript」 → 「サーバのプログラム」


しかも、「サーバの JavaScript」からは「document.write(‘<iframe…/>’)」でコンテンツを表示してます。
※手抜きっぽいですが、一般的に良く使われる手法でもあるようです

実装

具体的なコードですが、ざっくりと次の様なコードになりました。

■ ブログ内の script タグ
[code lang=’html’]
[/code]

■ サーバの JavaScript
[code lang=’js’] document.write(‘‘);
[/code]

■ サーバのプログラム
ふつーの PHP プログラムなので割愛。
HTML を通常通り出力すれば、動作します。
縦横の出力サイズだけ気をつけましょう。

まとめ

今回の方法であれば、ビジネスロジックはすべて自社などのサーバに集約でき、プレゼンテーション部分だけホスト側に合わせて作れば良いので、無駄が少ないかと思っています。

デスクトップ ガジェットなども、今後作ってみたいですね。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す