iPhone DJI GO 4アプリがiPhoneの容量をやけに食っている!!:解決

この記事を書いた背景

最近iPhoneのストレージがどうにも容量不足だと思っていたら、Mavic Airの操作用に入れたDJI GO 4アプリが3GB近くも容量を食っていました。

元のアプリのサイズが500MB弱ですから、さすがにおかしい。

調べてみるとキャッシュが原因のようなので、削除することにしました。

そのメモです。

アプリの容量の確認方法

アプリが使っているデータの容量は次の手順で確認できます。

  1. 「設定|一般|iPhoneストレージ|DJI GO 4」を開く
  2. 表示された画面の「書類とデータ」にアプリ本体以外で利用している容量が表示される

DJI GO 4アプリのキャッシュを削除する方法

DJI GO 4アプリのキャッシュの削除は次の手順で実行できます。

  1. DJI GO 4アプリを開く
  2. 「マイページ」タブを選択し、ギア アイコンをクリックする
  3. 「キャッシュを削除する」を選択する
  4. 不要な項目(ビデオキャッシュなど)を選択し、確認ダイアログで消去を実行する

まとめ

Mavic Airが飛行中に撮影したデータはすべてドローン本体側のメモリに保存されていると思い込んでいたため、iPhoneの容量をこんなに使っているとは気付きませんでした。

とりあえずこれで写真や動画を撮影できるようになったので良かった~

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

コメントを残す