お買い物♪ MacBook Air 13 に常時挿しておくための極小 32GB USB 3.0 メモリ(PQI i-mini COB 3.0 32GB ペニーサイズ)

自分の買った MacBook Air 13 は 256GB の SSD なのですが、さすがに色々データを突っ込んでいると容量が足りなくなってきました。

今回購入するまでは microSDHC カードと USB 2.0 のドングルの組み合わせで容量を確保していたのですが、いかんせんドングルの都合で速度に難がありました。

そこで、USB 3.0 で常時挿しておくための極小メモリを探していたところ、PQI i-mini COB 3.0 32GB ペニーサイズを見つけたので購入してみました。

届いたブツ

製品情報はこちらから。

届いたパッケージはこんな感じ。
パッケージの状態

パッケージから取り出したところ。
取り出したところ

挿すとこんな感じに認識されました。
※購入直後は MS-DOS(FAT32) でした
ディスクユーティリティ

ベンチマーク

ベンチマークには Blackmagic Disk Speed Test を使ってみました。
こだわりも特に無いので無料で使えるやつです。
ベンチマーク自体は参考になれば的に取ったものなので、再起動直後とか細かい事はしていませんので悪しからず。

購入直後の FAT32 の状態でとったベンチマーク。
DiskSpeedTest i-mini FAT32

ディスクユーティリティで「MacOS拡張(ジャーナリング)」で消去後に取ったベンチマーク。
DiskSpeedTest MacOS拡張(ジャーナリング)

参考までに、microSDHC カードと USB 2.0 のドングルの組み合わせ(TS32GUSDC10 + BSCRMSDCBK)で取ったベンチマーク。
DiskSpeedTest microSDHC(TS32GUSDC10+BSCRMSDCBK)

MacBook Air 13 に挿してみたところ

挿した状態での出っ張りは 7mm 弱です。
外に出ている部分まで一体成形らしいのですが、非常にカッチリした感じで挿しっぱなしでも安心できそうです。
microSDHC カードとドングルの組み合わせの時は、カバンに出し入れしているうちに microSDHC カードがズレて認識が甘くなったりしていたので・・
出っ張りは7mm弱

真横から見ても厚みは MacBook Air 本体よりも薄く収まっています。
真横から見ても厚みは収まっている

使っていると少し暑くなりますが、特に触ることも無いので自分は気にせず使っています。

↓購入はこちらからどうぞ。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す