[Windows8] BitLocker で暗号化しようとすると「アクセスが拒否されました。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今までバックアップに使っていたSDカード(32G)が容量不足になってきたので、新しく64GのSDXCカードに乗り換えた際に発生しました。

新たにデバイスを右クリックして「BitLocker を有効にする」を選んだところ、こんなエラーが・・・「BitLocker を起動しています。」「アクセスが拒否されました。」「BitLocker セットアップ実行中はドライブを取り外さないでください。」
win8BLerror

症状を調べてみましたが、該当する情報もなかったため、色々調査してみました。

  1. システムドライブや固定ディスクなどは、問題なく BitLocker が起動された。
  2. グルーポリシーエディタで、[BitLocker ドライブ暗号化]コンポーネントの[リムーバブル データ ドライブ]で定義を変更するも変化はなかった。
  3. 旧SDカード(暗号化済)を挿入すると、BitLocker も起動され解除もできた。
  4. 上記で暗号化を一旦解除後に、再暗号化しようとすると同様のエラーが発生した。>SDカードの問題ではない事が確定

途中で何度も再起動していたのですが、ふと再起動して実行してみると正常にBitLocker が起動しました。
今までと状況の違いを確認すると、先ほどまではリモートデスクトップで操作していたことが思い当たりました。
改めて再起動して、リモートデスクトップ経由で暗号化をしようとすると、やはり同様のエラーです。

これで原因が確定しました。
リモートデスクトップ経由でリムーバブルドライブの暗号化は出来ないみたいです。
※暗号化の解除はリモートデスクトップ経由でも出来ます。

リモートデスクトップ経由でも作業にまるっきり支障が無いので、たまにこういう事象にあうとハマりますね。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。