サーバ機能の予備装置としてルータを代用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

サーバ機能と言っても色々ありますが、よく停止して致命的な状況になるものとしては、「DNS」「DHCP」だろう。
その他にも「NTP」「ファイル共有」「PPTP(VPN)」など、重要な機能はある。

上記を内部のサーバ機で行っている場合(ブロードバンドルータで行っていない)は、サーバ機の故障やエラーなどで、サーバ機能が停止してしまうと、インターネット回線は使えるのにサーバに依存して何もできないという結果に陥りやすい。

そこで予備機として、安価なブロードバンドルータ準備しておくと便利かと思う。

オススメ安価ブロードバンドルータ
[BBR-4MG] 最大スループット83.5Mbps エントリーモデル ブロードバンドルータ

希望小売価格:¥2,750  実売はもっと易いわけだから、サーバが止まった時の事を考えれば安い買い物だと思う。

このような要望って以外と多いと思う。
ブロードバンドルータではなく、ローカルネットワークでWEB管理画面で簡単に使えるサーバ機能のみを組み込んだ機器(ハードウェア)があったら、売れる気がするのは気のせいだろうか。

例えば、「簡単DHCPサーバ」でWEBの管理ページが付いて¥1,500とかなら買うよねw

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。