[Windows] 指定されたDSNには、ドライバーとアプリケーションとのアーキテクチャの不一致が含まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

前回のODBC設定のお話しの延長です。

折角ODBCを32bitで設定したのですが、今度はIISが64bitで動作しようとして下記のようなエラーを出します。

指定されたDSNには、ドライバーとアプリケーションとのアーキテクチャの不一致が含まれています

これを解消するには、IISのアプリケーションプールの設定で32bitアプリケーションの有効化を「True」にします。
iisap32

ここで注意ですが、当然利用したいデータソースの64bit版ODBCドライバーがあるのであれば本来はそちらを利用すべきです。
(全てが64bitであれば、こんな面倒なことをしなくとも、すんなり動きます)

今回は、Access(mdb)を利用する目的のため、32bitで動作させました。
※単体で64bit版のODBCドライバーが提供されていないため。([未確認] 64bit版のAccessを導入すればインストールされるみたいです)

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。