[WordPress] 自動アップグレードで一時ディレクトリの作成でエラーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

WordPressの自動アップグレード機能がエラーするケースはいくつかあるのですが、今回はセーフモードによる機能制限でエラーが発生するケースの紹介です。

ホスティングサービスなどのPHPでは、このセーフモード機能が有効になっており、ファイルやディレクトリの作成時に権限でひっかかるわけです。
具体的にPHPのセーフモード機能で制約を受けるのは以下の内容です。

セーフモードにより制限を受けるか無効となる関数

上記の「処理を行うファイル/ディレクトリが実行するスクリプトと 同じUIDを有しているかどうかを確認します。」のためエラーすることになります。
当然、ホスティングサービスで、WordPressが動作している権限(ユーザ名)とFTP等で配置されたファイルやフォルダの所有者(ユーザ名)が一致していることは少ないため問題が発生しています。
※いわゆるパーミッションの問題とは別の内容なので注意が必要です。

対策は利用しているホスティングサービスの環境によっても異なるため、以下の情報を参考にして方法を選択してください。

セーフモードによる制限と対処方法

また、セーフモードについては、PHP5.3からは非推奨の警告が表示されましたし、PHP6では廃止される予定ですので、こちらのエラーに悩まされるのも長くはありません。

ネット集客を加速させるWebサイトをWordPressで作る方法
WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。