[PHP] WordPressのプラグインを作ろう(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

管理画面で設定メニューにページを追加できたので、今度は提供されている機能で値を保存してみよう。
WordPress内で値を保存する場合は、PHPのセッション変数をイメージするとよいかもしれない。

更新はちょっと置いておいて、まずは参照/追加/削除を実装してみよう。

//参照はこんな感じで変数に入れたりします
$value	 = get_option('キーワード');

//追加はプラグイン有効化に実行するのが一般的です
register_activation_hook( __FILE__, 'add_settings' );
function add_settings()
{
	add_option('キーワード', 初期値);
}

//削除もプラグイン無効化に実行してあげましょう
register_deactivation_hook( __FILE__, 'del_settings');
function del_settings()
{
	delete_option('キーワード');
}

有効化で初期値入れているから、実際の処理部分も実装できるよ。
無効化時に設定のゴミは消してあげましょう。
※無効化で設定消えちゃうの困るかもしれないけど、設定値のゴミが残り続けてWordPress本体に負荷をかけることになります。

ネット集客を加速させるWebサイトをWordPressで作る方法
WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。