リモートデスクトップでネットワークレベル認証を有効にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

Windows Server 2008 では、リモートデスクトップの設定で「ネットワークレベル認証」を有効にした接続のみ、受け付けることを推奨しています
※DoS 攻撃などに対する耐性を向上させる

Windows XP SP3 でネットワークレベル認証を有効化するには

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa] の [Security Packages] キーに “tspkg” という値を追加
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders] の [SecurityProviders] キーに “credssp.dll” という値を追加
  • 変更後、コンピュータを再起動し完了です

    リモートデスクトップクライアントのバージョン(バージョン 6.0.6001)

    ※ネットワークレベル認証が無効な場合、上記のように「ネットワークレベル認証はサポートされています」と表示されません

    これによって、Windows XP SP3 から、ネットワークレベル認証を有効化した Windows Server 2008 へリモートデスクトップ接続が出来るようになります

    ご訪問ありがとうございます。
    参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

    ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

    閉じる

    ご意見・ご感想をお待ちしております。

    いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。