[DNS] SPFレコードで複数指定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

メルマガなどのASPを利用したりすると、よくSFPレコードを設定するように推奨されています。
これを設定しないと、送信したメールが受信者から迷惑メール扱いをされるなどの問題が起きやすくなるためです。

 
ここで問題なのが、ASP側から指示されたTXTレコードを設定しようと思ったら、既にTXTレコードが設定されてしまっている場合です。
何が問題かと言うと、SPFレコードは複数レコード設定してはいけないということです。
Aレコードと同様に複数レコード設定できてしまうため、誤解されている人が多いのではないでしょうか。

SPFレコードに複数の記述をする場合は、下記のような記述をしましょう。

 
○FQDN(ドメイン)で指定する場合

TXT "v=spf1 +ip4:192.168.0.1(元々記載された契約サーバーIP)  include:***.****.com(ASPで指定されたFQDN) ~all"

※記述方法は契約サービスで異なる場合がありますので十分確認して変更してください。

 
○IPアドレスで指定する場合

TXT "v=spf1 +ip4:192.168.0.1(元々記載された契約サーバーIP)  ip4:nnn.nnn.nnn.nnn(ASPで指定されたIP) ~all"

※記述方法は契約サービスで異なる場合がありますので十分確認して変更してください。

 
 
関連記事
[Google] 複数の SPF レコード

[技術資料] SPF(Sender Policy Framework)

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。